Exhibition

 Endless Beginning
2.3(sat) - 3.11(sun)12:00-20:00/月曜定休
オープニングレセプション:2月4日(日)17:00-20:00
焚書舎より初画集『Endless Beginning』刊行予定

オートモアイ automoai Tumblr / Twitter / Instagram   1990年生まれ、神奈川県在住。2015年頃から絵を軸にした活動を始める。アノニマスな女性像をベースに非現実的な世界をモノクロで描く。これまでの主な仕事はCD ジャケット、グッズデザイン、イベントフライヤー等。
<個展>
2015 「ラブレターカミングフロムミー」(pocke、東京) 「NOT FEEL AT HOME」(pocke、東京) 「故郷は未開の惑星」 (インストジオ、東京)
2016 「POLY NUDE」(Anagra、東京) 「Sweet Revenge」(Anagra、東京)
2017

「NOWHERE」(Impact HUB Tokyo、東京)

<グループ展>
2015 「シュルツ編集長のブックマーク」(ARTON、東京) 「みちづれ」(ぽたかふぇ。、東京) 「混濁池」(なかのZERO、東京) 「TRIPS ARE TRIPS GIRLS ARE GIRLS」(TAV GALLERY、東京)
2016 「AMAGOI DISCO by otana × 17 Illustrators」(KIAN art gallery、東京) 「吉原芸術大サービス 2016」(東京)
2017 「BADULTA」(Anagra、東京) 「BLINDERS」(Galerie LE MONDE、東京) 「怪奇!納涼祭」(LUCK、東京) 「PARK GALLERY presents 100年後展」(hoffma、大阪) 「WARHOLE vol2」(Anagra、東京) 「New gig 4」(ARGUMENT GALLERY、東京
2018

「101・タンバリンギャラリー合同企画 『SAKE TO ART』」(101、Tambourin Gallery、東京)

Endless Beginning
  ... この度、OVER THE BORDERでは、オートモアイ個展”Endless Beginning”を開催いたします。 本展では未発表の作品展示に加え、先行販売する画集『Endless Beginning』の原画も展示予定です。

 オートモアイはこれまで、目の描かれていない匿名性の高い女性像を中心に、多くのドローイングを残してきました。

昨年度より画集『Endless Beginning』の製作にとりかかり、線画へより熱心に取り組むと同時に、昨今ではキャンバス作品へも取り組んでいます。

キャンバス作品では、奥行きのある背景と、オートモアイの特徴である2階調の人物像が、異なるレイヤーとして描かれています。

また、今回出品する新作は、自身のアイコンであった人物像ではなく、風景のみの作品にも挑戦しています。

展覧会や出版のみならず、CDジャケットなど幅広く活躍してきたオートモアイ、彼女の新しい挑戦を是非、この機会にご高覧下さい。

 

プロデューサーメッセージ:

ネット社会になりSNSが日常となると、「自撮り」は、写真をネット上に公開し「いいね」で自分の価値を認めてもらう一連の行動を含めて、「自撮り」と言うのかもしれない。しかし、瞬間的には記憶されるものの、ネット上では、膨大な情報の中に消えてしまう運命にある。つまり、「自撮り」で認めてもらいたいのに、匿名性のある行為になってしまうのだ。そして今、オートモアイの作品には、「自撮り行為」とは逆に、目と鼻がないことで匿名性を保ちながらも、瞬間的に忘れられないという、新しい生き方への決意が感じられる。

一枚の絵が持つ瞬間は、終わりなき始まりとなって永久に続いていくのだ。

オオバアキヒト

English

MORE INFO

Special

comming soon

Exhibition Archives

CLOSED

2019.5.12(sun)

「CLOSED」

OVER THE BORDER

Touch of Scenery - 風景の感触 -

2019.4.6(sat) - 5.12(sun)

「Touch of Scenery - 風景の感触 -」

民佐穂

MUNDOS・世界

2019.2.1(fri) - 3.17(sun)

「MUNDOS・世界」

pedro nekoi

#30 ストレスの形

2018.12.23(sat) - 2019.1.20(sun)

「#30 ストレスの形」

古屋崇久

Eclectic maybeland

2018.11.2 (fri) - 12.8 (sat)

「Eclectic maybeland」

Mark Louisse

ORANGE VIOLET

2018.9.1(sat) - 10.21(sun)

「ORANGE VIOLET」

ホシノヨーコ

アストロ温泉物産展

2018.8.28(sat) - 8.26(sun)

「アストロ温泉物産展」

アストロ温泉

物語のさきに

2018.5.19(sat) - 6.30(sat)

「物語のさきに」

佐々木愛

HENTECHO

2018.03.17(sat) - 05.6(sun)

「HENTECHO」

よねもとよね

Endless Beginning

2018.2.3(sat) -3.11(sun)

「Endless Beginning」

オートモアイ

映像をさわる

2017.12.2(sat)-2018.1.11(thu)

「映像をさわる」

中島 健

幻 -fantasy-

2017.6.17(sat)-7.30(sun)

「幻 -fantasy-」

菅沼朋香

URBAN RESORT〜404号室〜

2017.4.20.(thu)-6.4.(sun)

「URBAN RESORT〜404号室〜」

Hiraperr Wilson

scholē

2016.12.01(thu)~2017.01.29(sun)

「scholē」

佐藤拓人(ifax!)

天下統一プロジェクト〜時はうごいた 平成の信長〜

2016.10.8 (sat) ~ 2016.11.6 (sun)

「天下統一プロジェクト〜時はうごいた 平成の信長〜」

天歌布武信長

eclose

2016.8.27 (sat) ~ 2016.10.2 (sun)

「eclose」

藤井光永

森の声

2016.3.1 (Tue) ~ 2016.5.8 (Sun)

「森の声」

長岐俊彦

耳鳴り ミミナリ みみなり

2016.01.23(Sat)-2016.02.24(Wed)

「耳鳴り ミミナリ みみなり」

菅田ミサ

bizhubC745e

2015.11.07(sat)~2015.12.20(sun)

「bizhubC745e」

岩間香純

THE NAME OF THE GAME(        !)

2015.08.29(Sat)-2015.10.18(Sun)

「THE NAME OF THE GAME(        !)」

山下拓也

花火

2015.8.1~2015.8.23

「花火」

刑部信人

妖怪イヌジマ

2015.05.23(Sat)-2015.06.28(Sun)

「妖怪イヌジマ」

石井葉子

cultra Review

2015.4.11-5.17

「cultra Review」

cultra

Perfect Midnight

2015.1.24(Sat)-2015.3.15(Sun)

「Perfect Midnight」

大村雪乃

Embalming a Summer

2014.10.18(sat)~2014.11.16(sun)

「Embalming a Summer」

長谷川維雄

AMA DABLAM / GLACIER

2014.9.6(sat)-2014.10.12(sun)

「AMA DABLAM / GLACIER」

石川直樹

国東半島芸術祭Tokyo Preview

2014.7.12(sat)-2014.8.10(sun)

「国東半島芸術祭Tokyo Preview」

国東半島芸術祭

フクモ陶器:三途の厠

2014.4.19(Sat)-6.15(Sun)

「フクモ陶器:三途の厠」

福本歩

DYSTOPIA

2013.6.22(Sat)-9.28(Sat)

「DYSTOPIA」

コムロタカヒロ

爆弾 in my head.

2013.3.23(Sat)-6.8(Sat)

「爆弾 in my head.」

抜水摩耶

For Your Safety M, ltd

2012.10.13(Sat)-12.15(Sat)

「For Your Safety M, ltd」

笹川治子

WARPED

2012.7.28(Sat)-9.29(Sat)

「WARPED」

岡田洋坪

深山にて

2012.5.12(Sat)-7.14(Sat)

「深山にて」

最後の手段

PAGE TOP