News

世の中のボーダレスなアート最新情報をアートラボメンバーがお届けします。

Blog

ギャラリー【OVER THE BORDER】スペシャリストと巡る旅【Cultra】で新しいアートを探るアートラボのBlogです 

クレマチスの丘レポート③IZU PHOTO MUSEUM

みなさんこんにちは。Art LABです。
3回にわたって紹介してきたクレマチスの丘のレポートも今日が最後です。
先日ご紹介したヴァンジ彫刻庭園美術館と同じクレマチス・ガーデンエリアにあるIZU PHOTO MUSEUM。
現在は、写真家・小島一郎の作品が展示されています。
 
 

 

 
クレマチスの丘全体に言えることですが、ここでももうひとつ気もちのいい空間に出会いました。そう、IZU PHOTO MUSEUM最大の特徴と言えば、杉本博司さんの建築です。
家などの住居空間にいると、心地よい空間というのは当たり前のことであり、建築に感謝、と改めて思うこともないのですが、美術館という非日常な空間に来ると、建築物の芸術的な心地よさに感謝の気持ちが芽生えます。
 

そんな建築物の中、行われている写真展は、小島一郎「北へ、北から」
「北へ、北から」と言うと、ついつい昨年流行した「あまちゃん」の潮騒のメモリーを思い出してしまったのですが、あの歌詞に負けず劣らず、この展覧会タイトルは、小島一郎の生き様を表すような3つの”北”が含まれているのだそうです。
元々青森県という、本州最北の県での活動をしていた小島さんですが、一時期、東京で活動していたこともあります。その後、青森へ戻ることになったことから、北から来て北へもどる、という“北”が1つ。
また、東京から帰郷した後は、もともと撮影していた津軽ではなく、青森の中でもさらに北の下北半島での撮影をするようになります。それが2つ目の、“北”。
さらにその後、北海道での撮影を目指し、青森からさらに北へ赴き撮影をした、というのが3つ目の“北”。
どんどん厳しい環境である北へ向かっていったその生きざまも含めて、「北へ、北から」というタイトルで表現しているのだそうです。
 

 

最初のエリア。絵画のように情緒あふれる作品が飾られています。
リアリズムが主流だった当時、このように情緒あふれる詩的な写真作品は、注目を集めたのだとか。すごくロマンチックな写真に見惚れてしまいます。
 

こちらはトランプ、と呼ばれていたと言う名刺サイズの写真たち。
1つの作品をつくるために、同じ構図で何枚も何枚も写真をとって1番いいものを選んで作品にしたそうで、編集の検討の為に、いつも胸ポケットに複数の”トランプ”がはいっていたのだとか。トランプが胸ポケットに入っているなんて、なんだかマジシャンのようなイメージを持ってしまいますが、写真の大きな特徴である過去を未来に残すことができる、ということを考えてみると、マジシャンのような印象も遠からず、という気もしてきます。
 

情緒感豊かな作品の部屋から一転、中間色を一切なくしたようなハイコントラストな世界へ。
この展覧会は個展のはずだけれど、別の作家さんかな?と思うような錯覚を覚えます。どちらにせよ、現実を写し取るというだけではなく、絵画的な構図へのこだわりをもって作品を作り上げていったのだということが伝わってきます。
カメラひとつでこんなに幅広い世界を表現できるなんて、やっぱりマジシャンのようだなあ、と感じたのでした。
 
 
3回にわたるクレマチスの丘レポートも本日でおしまい。
実際に行ってみると、本当に気もちよくて、まだまだ発信しきれていない魅力でいっぱいの場所です。
みなさんぜひ実際に訪れて、深呼吸してみてはいかがでしょうか。
 

 
Information
IZU PHOTO MUSEUM
小島一郎「北へ、北から」
[会期] 2014年8月3日(日)~12月25日(木)※水曜日定休(12月24日は開館)
[開館時間] 10:00~17:00(9・10月)10:00~16:30(11・12・1月)
[入館料]  大人 800円/高・大学生400円/小・中学生無料
 
 
 
 

 
 

Share on Facebook

PAGE TOP