News

世の中のボーダレスなアート最新情報をアートラボメンバーがお届けします。

Blog

ギャラリー【OVER THE BORDER】スペシャリストと巡る旅【Cultra】で新しいアートを探るアートラボのBlogです 

石川直樹さんポスター「オン・サンデーズ」さんで販売のお知らせ


みなさまこんにちは。

ワタリウム美術館で現在、石川直樹さんが奈良美智さんとともに
展覧会を開催していらっしゃる関連で、ワタリウム美術館のミュージアムショップ オン・サンデーズさんにて
石川直樹さんのポスターを販売して頂いております。

2014年の夏に開催した石川直樹さんの個展「AMA DABLAM/GLACIER」開催時に
デザイナーの原耕一さんとともに作っていただいたこちらのポスターは
「ここより北へ」の会期までオン・サンデーズさんでもお買い求め頂けます。



 

ぜひ、展覧会をご覧に訪れる際は、ミュージアムショップで素敵なグッズを見ていって下さいね。

Share on Facebook

「AMA DABLAM/GLACIER」オリジナルポスター4種発売のお知らせ

9月6日(土)から開催の石川直樹写真展「AMA DABLAM/GLACIER」ではポスターを販売いたします。


 
デザインはtrout 原耕一さんによるものです。
4種類のポスター、サイズはA1とA2の二種類を予定しております。
価格はA1サイズが¥5000(税抜)、A2サイズが¥1500(税抜)です。
展覧会の会期中、OVER THE BORDER会場にて発売いたします。
 
また、会場では石川直樹ヒマラヤシリーズの写真集Qomolangma,Lhotseに加え、
今夏発売となったManaslu,Makaluを販売いたします。(いずれもSLANT出版)
 
みなさまのお越しを楽しみにしております。

Share on Facebook

石川直樹 写真展「AMA DABLAM/GLACIER」@OVER THE BORDER

みなさんこんにちは。
ArtLABが運営するOVER THE BORDERギャラリーのお知らせです。
9月6日(土)から、写真家・石川直樹さんの展覧会を開催致します。
 

 

 

展覧会概要
石川直樹 個展「AMA DABLAM/GLACIER」
2014年9月6日(土)-10月12日(日)
12:00-20:00/月曜休廊
オープニングレセプション:9月6日(土)19:00-21:00
 
アマダブラム(標高6812m)はネパール語で「母の首飾り」を意味し、エベレストの近く、クンブー地方の真ん中にそびえ立っています。その美しい山容とは裏腹に、登頂するためには一定の技術を要し、なかでもぼくが選んだ北稜ルートはとりわけ難しい登攀を要求され、登頂には至りませんでした。本展では、その2013年秋の遠征と、翌2014年春のマカルー遠征で撮影した写真を合わせ、初公開となる動画作品も展示します。いつか再挑戦したい、そんな思いを込めた、小さな写真展です。 
石川直樹
 

 
皆さま是非お越しください。
 

Share on Facebook

石川直樹さんトークイベント@デサントショップ東京


7月29日、写真集『MANASLU』発売日を記念して、石川さんのトークイベント『カメラを持って、旅に出よう。』が行われました。当日のトークの様子をレポートいたします。
 
今回出版された『Manaslu』は『Lhotse』『Qomolangma』に続くヒマラヤシリーズ、全5部作の3冊目です。
石川さんの写真集はいつも作品が表紙になっていることが多いですが、今回は単色カラーとテキストのみの表紙。
実はこれ、チベットの伝統である5色の祈祷旗、タルチョのカラーを模しているそうです。
 

左奥から、『チョモランマ』『ローツェ』『マナスル』続く2冊も楽しみです
 

マナスルはヒマラヤ山脈に属するネパールの山。地図上ではそれほど遠く感じませんが、山は8000メートル以上あり世界で8番目に高い山です。(8000メートル以上の山は世界に14峰)
 
石川さんは、「マナスルに登頂したことでヒマラヤが面白くなった。こういう感覚が喚起されるのがヒマラヤなんだ」と語ります。「マナスルに登って帰ってきた時に自分の身体を使い果たして、からっぽになった感覚がある。それは水平の旅ではなく、垂直の旅じゃないと得られない。しかも、高峰でないと得られない感覚、それが僕にとって面白かった。」と、石川さんならではの実感を込めて語られているのが印象的でした。
 
また、石川さん自身が高峰に登る、という極限の状態にあったにも関わらず、山で暮らす現地の人々や、同行する「シェルパ」に目を向けたエピソードを多く紹介されていたことに驚きました。
「シェルパ」は、ネパールの少数民族の名称であるとともに、高地に順応した身体と高い登山技術を持ち、高山で登山者の案内とサポート役として働く人々を指します。

マニ車(チベット仏教の仏具)と子供たちの写真。マナスルはエベレスト周辺とは異なり、空気が湿っていて緑が多いのでまた違った感じがあります。と語る石川さん
 
登山者にとっては命をかけた高峰での冒険のクライマックス、8000メートルの頂上を日常のように過ごす彼らに高い関心を寄せる姿に、「僕達は辺境と呼ぶけど、辺境は存在しないのかもしれない。人の数だけ中心がある。」という、カナダ大使館でお話されていた言葉を思い出しました。
日本で暮らす私達が想像も絶するような高峰の空の下も、世界の中心のひとつなんですね。
 
石川さんのお話と写真を通して、見たことの無い世界を感じる貴重なイベントでした。
 

 
写真集「Manaslu」
著者:石川直樹
デザイン:田中貴志
出版: SLANT http://www.slant.jp/
価格:2,800円+税
ISBN:978-4-907487-05-8
仕様:H 280mm×W 300mm/48ページ/ハードカバー
 
発売中
 
 
 
 
 
 

 
 

Share on Facebook

石川直樹さんと打ち合わせ


みなさんこんにちは、ArtLABです。
現在OVER THE BORDERでは国東半島芸術祭Tokyo Preview展で芸術祭を紹介するとともに、
石川直樹さんが国東半島で撮影された写真を展示しています。

Cultraでも熊野と国東半島を一緒に旅して、大変お世話になっている石川さんですが
先日、OVER THE BORDERで行う展覧会のお打ち合わせにいらっしゃいました。

追って詳細をお知らせいたしますが、OVER THE BORDERは
次回、石川直樹さんが近年撮影された、とある山の写真の展覧会を行うことになるようです。
どこの山かは・・・お楽しみに。

マカルー登頂から帰国されて間もなくにも関わらず、多忙な石川さんの様子を拝見して
ArtLABも負けずに頑張ろうと刺激されました!
今後のOVER THE BORDERの動きにもご注目ください。

 
 

Share on Facebook

PAGE TOP