News

世の中のボーダレスなアート最新情報をアートラボメンバーがお届けします。

Blog

ギャラリー【OVER THE BORDER】スペシャリストと巡る旅【Cultra】で新しいアートを探るアートラボのBlogです 

岩間香純展イベント「Gallery Hang Out 12/19」


12月19日18:00~、現在展示中の作家・岩間香純を交えてアート好きで交流するというイベントを開催します。作家がいるので、展示作品について話したりするいい機会でもあります。ぜひお気軽にお立ち寄りください。ギャラリーにはバーもあり、紅茶、コーヒー、ビールやワインもご用意しております。
(ワンドリンク制 ¥500~)
 
The gallery will be hosting a little get together this Saturday. The exhibiting artist will be present, so this is a good chance to talk about the work and get to know other art enthusiasts in the area. The gallery has a bar that serves tea, coffee, beer and wine.
Event is free, but please order a minimum 1 drink at the bar (drinks start at ¥500)
 
展示/current exhibition
 
今回の展示のテーマは「絆の真相」です。もはや決まり文句と化してしまった「絆」という言葉ですが、これは2011年の震災と、続く災害の直後にあらゆる場面や状況で真摯に使われてきました。東日本大震災と原発事故から5年という節目をまもなく迎える中、東京オリンピックという一大イベントに向けて、日本は未だかつてない「絆」の精神を持つことを問われています。このような情勢の中で、今後原発問題を訴えることは「せっかくの楽しい雰囲気に水を差す」行為として見なされるのでしょうか。「絆」に上限はあるのでしょうか。シリア難民問題を含め、現在世界各地で勃発している「我々」と「当事者」との境目の問題について、本展覧会で提示していきます。
 
The theme of this exhibition is “rethinking solidarity.” Since the triple disaster in March 2011, the word “kizuna (bond)” has been used, to the point of becoming cliché, in various situations and contexts to express the nation’s solidarity with the survivors. Now, nearing on 5 years since the disaster, our commitment to solidarity is being put to the test of time. Will reminders of the survivors and the nuclear disaster be seen as a wet blanket amidst the excitement for the Tokyo Olympics? How far is society willing to go to sympathize with strangers who are going through chronic suffering? This is question is being asked all around the world as we watch the Syrian refugee crisis unfold. Who is “us,” and who is “them”?
 

<information>
Gallery Hang Out

日程:12月19日(土)18:00~/Saturday, Desember 19, 2015
場所:OVER THE BORDER
   〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1‐3‐6 CIビル 4F /
   150-0022 4F,CI Building 1-3-6, Ebisu Minami, Shibuya-ku,Tokyo 150-0022, Japan
 
 

Share on Facebook

PAGE TOP